メニュー
2017.12.7

化石発見!? 写真あり ソルンフォーヘン薄手の魅力に迫る

こんにちは!
入荷業務を担当しているスタッフIです!
弊社には毎月、多種多様な商品が入荷します。
主に取り扱っている石材は大型トレーラーで搬入され、毎月何十トンも入庫されます。
搬入が終わると、すぐに検品作業に入ります。
入庫した商品のサイズ・数量が正しいか、色ムラや破損が無いか・・・など、日々迅速に検品を行っています。ある日、いつものように検品作業のために工場へ。
その日入荷した、乱形石「ソルンフォーヘン 薄手」を手にとって見ていたところ、
工場長が私のもとへ近づいてきて、あるものを見せてくれました。
それが、これです!

化石発見!!貝類?もしかしてアンモナイト!?


この乱形石ソルンフォーヘンという石は、ドイツ産です。
ドイツと言えば、ソーセージ・ビールを浮かべますが、この産地である「ゾルンホーフェン」という場所は、翼竜のほぞんのよい化石が発掘される場所としても有名なのです。翼竜のほかにもアーケオプテリクスの保存のよい化石がでることでも知られています。

○アーケオプテリクス(始祖鳥)
長い間、もっとも原始的な鳥類だと考えられてきました。2011年ごろからは、鳥類に進化する以前の、ドロマエオサウルスのなかまとする考えが有力になってきました。

私には5歳になる息子がいるのですが、その子が恐竜好きとあって、その影響を受け、今ではわたし自身も大の恐竜好きです。
休日は恐竜博物館へ行って喜んだり、家では恐竜図鑑を見ながらクイズを出しあって、どちらが恐竜博士か?と対決したり、・・・。
そんな毎日息子と図鑑を見ながらきゃっきゃ言っている私にとって、この化石発見は感動的でした。
恐竜図鑑を見なおしてみても、ドイツのこの地方のことが載っていました。
ジュラ紀後期、ゾルンホーフェンは深い入り江の浅い海で、この場所は海水の塩分が高く、生き物の死体がくさらずに残りやすい環境だったようです。
ここから化石が見つかったことで、少なくとも一部の翼竜が海のそばで暮していたことがわかりました。

ジュラ紀後期の石灰岩が分布しているゾルンフォーヘンの石。

ジュラ紀と言えば、ランフォリンクスやプテラノドンなどの翼竜がくらしていた時代ですよね。そんな時代の石が、今この私の手の上にある。
はるか昔の生物や植物が、何億という時を超えて、現代に残っている。
化石って、なんともロマンを感じますよね~。
その日は、実に感動的な検品となりました!

他にも、このようなシダの葉模様なども入ります。
この現象が現れた石と現れていない石とが混在した状態での納品になります。
化石が入っていたらラッキーですよね!!

ガーデニングやDIYが好きな皆さんの中には、乱形石を張ることに興味はあるけれどハードルを感じている方もいるのではないでしょうか?あるいは、一度チャレンジしたが、思ったよりも大変だった・・・という人もいるかもしれません。この薄手の乱形石は初心者でも扱いやすいので、イチ押しです。

 

「乱形石」とは?

乱形石とは、自然石を割ったままの形で加工した石材で、玄関アプローチや駐車スペースなどによく使用されます。
様々な形の石を組み合わせて乱張りとすることで、独特の味わいが生まれ、天然石の乱形石は高級感があり、とても人気があります。
<ご注意>
・こちらの商品は厚みが薄いので、重たいものを乗せる場所への施工はなるべく避けてください。駐車場などの施工には、通常の板厚20~30mmをオススメします。
・酸に弱いので酸洗い、酸性洗剤は使用しないでください。
 

初心者にもオススメの理由とは?

ソルンフォーヘンの通常の厚みは、約20~30mmに対し、薄手は約7~12mmです。
通常の厚みはずっしりとした重みがあるのに対し、薄手は軽く非常に扱いやすい印象です。
施工場所が広範囲になると、持ち運びだけでも大変重労働ですよね。
厚みが薄い分、一枚一枚が軽く、広範囲の施工も随分ラクになりそうです。

こちらの写真をご覧ください。
実際にお客様がDIYで施工されたお庭のお写真です。
プロの方が仕上げたように素晴らしいですよね。厚みが薄いので、希望の形に割ったり、加工がしやすく、美しい曲線が描けていますね。明るいイエロー~白っぽい色合いのムラがバランスよく配置され、明るいお庭に仕上がっています。こんなに素敵なお庭で過ごす時間は格別なこと間違いなしですね。

乱形石に挑戦したいが、始めの一歩が踏み出せない!という方、
ぜひ薄手のソルンフォーヘンを試してみてはいかがでしょうか。オススメです!

『今敷いているこの砂利は、何の砂利だろう?』といったお問い合わせも、お気軽にご相談ください!
お問い合わせは、写真も添付できる上記の問い合わせフォームからどうぞ!

株式会社 日唐石工(にっとうせっこう)
福岡県糸島市二丈松末1145-7
TEL : 092-325-3800 / FAX : 092-325-3801
ページトップへ